【おすすめ本】脱・石の上にも三年

f:id:xjblogx:20180929143128j:plain

多動力 (NewsPicks Book)』(堀江貴文

 

 日本人の美徳。それは、嫌なこときついことを我慢して長く続けること。石の上にも三年。それでは時代の流れに置いていかれますよ。という本が本書である。

 伸び悩んでると感じている会社員ややりたいことがあるのに言い訳ばかりしている人に読んでほしい一冊である。

 著者は、みなさん知っているであろう堀江貴文氏である。著者が、インターネット黎明期に確信した「インターネットにより各産業のタテの壁がなくなり、各業界を越えていく人材が必要になる。」のもとそれに必要な能力“多動力”を教えてくれる本である。

自分で働くのではなく分身が勝手に働く

 誰もが、1日24時間で生きているはずなのに、とんでもない数の仕事(遊びのようなものも含め)をやっている活動的な人と、動きの少ないつまらない人がいる。

 それは努力や仕事量の差ではなく、「原液」を作ることができているかどうかの差だ。

 何かを投げかけ、それに他の人が反応を示せば原液が薄まって自分では一回しか発言せずとも勝手に中心人物になって自分の存在感はすごいものになる。例えば、誰かがリツイートするそれにリプライを送る人がいる。そしてそれで議論し始める人がいる。それをネットニュースにまとめる人がいる。自分は5分しかそのツイートに時間をかけてないとしても必ず元の発言をした人が取り上げられる。それが「原液」である。

仕事を速める方法

 災害や事故の現場では、緊急派遣された医師が「トリアージ」と呼ばれる仕分け作業を即断即決で進めていく。

 大量のケガ人や被災者があふれている現場では、ただちに救急医療を施さなければ命が危険な患者を、最優先して対処する。続いて重傷者に対応し、軽症の患者は申し訳ないが最後まで待ってもらう。

 冷酷なまでに「トリアージ」で仕分けしなければ、災害や事故の現場では助かる命も助からなくなってしまう。

 これと同じ作業を、どんな仕事でもやるべきだ。

  仕事が遅い人の特徴は、何から進めていいかわからずどうでもいい仕事から始めてしまう。そうではなく最初に仕分ける。優先順位を決めなければ、永遠仕事は終わらない。

 

著者:堀江貴文(ほりえ・たかふみ)

1972年、福岡県生まれ。

SNS media&consulting株式会社ファウンダー。

現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。

 

 

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

Twitterのフォローもよろしくね!

じぇい。(@xjblogx